活動報告

活動報告

  1. HOME
  2. イベント
  3. 県政報告(2020年11月版)-9月定例議会報告-
福岡県議会議員えがわ俊彦 県政報告会11

県政報告(2020年11月版)-9月定例議会報告-


冒頭に、令和2年7月豪雨により、大牟田市で、お二人の尊い命が奪われてしまいました。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りしますと共に、ご遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。
また、被災された方々にお見舞いを申し上げ、一日も早い復旧と、皆様の日常が戻りますことを、心よりご祈念申し上げます。

9月10日に開会された、福岡県議会9月定例会が10月14日に閉会致しました。今議会では、補正予算が追加され、一般会計の総額は、2兆2207億1200万円余となりました。
追加予算の要点としては、「令和2年7月豪雨で被災された方々への支援」「新型コロナウイルス感染症対策」「安全・安心、地域防災力の強化」「医療提供体制の強化」「生活困窮者の支援」等となっております。

今議会の代表質問においては、福岡県議会全ての会派より『令和2年7月豪雨について』とりわけ、大牟田市の現状に触れられ、復旧・復興に対する県内での重要度の高さを実感しました。
大牟田市の被災状況は、8月31日時点で、人的被害として死者2名、住宅被害では、罹災証明発行世帯が、全壊11世帯、大規模半壊1世帯、半壊1133世帯となっております。
昨年末より発生しているコロナ禍に加え、今回の豪雨被害。今、私たちは『見えない未来に対しての不安』との戦いを強いられております。先の見えないこんな時代だからこそ、私たちは一致団結し、不測の事態に対処・対応していかなくてはなりません。通年通りでは通らない、ということです。

この難局を乗り切るために必要なものは、大牟田市民としての誇りと、人を思いやる心ではないでしょうか。現在に至るまで、ふるさと大牟田を支えていただいた先人達の想いを継承しつつ、『子供たちの明るい未来のために』という軸足はブレることなく、臨機応変に意思決定を行うためには、皆様方のご理解・ご協力なくしては儘なりません。心よりお願い申し上げますと共に、通常の業務以上に困難を強いられている医療関係、福祉や介護関係、そして学童保育を含める保育事業の皆様のご尽力に、心より感謝申し上げます。

福岡県議会議員 えがわ俊彦

県政報告書(全文).pdf[7.5MB]

以下の日程で県政報告会を行います

市民の皆様の声を、地域の代表者として県行政へ届けるために、多くの意見や要望をお聞かせ下さい。


11月8日(日)
10時00分〜吉野地区公民館
13時00分〜勝立地区公民館
15時00分〜三川地区公民館

11月15日(日)
10時00分〜手鎌地区公民館
13時00分〜大牟田中央地区公民館
15時00分〜駛馬地区公民館

11月22日(日)
10時00分〜三池地区公民館
14時00分〜えるる

関連イベント